BUSINESS FIELD事業領域

ソースネクストの歴史は、「次の常識をつくる」という社名の由来の通り、常識への挑戦の歴史です。数多くの挑戦が新しい製品やサービスを生み出してきました。そんなソースネクストの事業概要を3つのキーワードでご説明します。

01

製品・サービス

Products & Services

PC ソフトウェア

1996年に初の製品である「驚速」、翌年発売のタイピングソフト「特打」の大ヒットからソースネクストのPCソフトウェアの歴史は始まりました。以降、2003年からは大半の製品を1,980円という低価格に統一し、その中の「いきなりPDF」は16年連続でシェア1位を獲得しています。2006年には業界の常識だったウイルス対策ソフトの年間更新料を撤廃して世間に驚きを与えました。

スマートフォンアプリケーション

スマートフォンの普及と共にソースネクストでもPCソフト開発のノウハウを活かしてスマートフォンアプリの開発を行なっています。2014年には100本の様々な種類のアプリケーションが使い放題になる「アプリ超ホーダイ」を開始しました。その他国内3大キャリア向けの使い放題サービスを提供するなど、使用方法の常識も変えてきました。

IoT製品

2017年12月にソースネクストでは初となるハードウェア製品であるAI通訳機「POCKETALK(ポケトーク)」を発売しました。74の言語に対応し、互いの言葉を知らない人同士が対話できる画期的な製品です。時代のニーズに合わせて今注目されているIoTの分野でも新たな常識をつくりだしていきます。

02

マーケティング

Marketing

お客様視点でのマーケティング力

ソースネクストではパソコンソフトを広く普及させるためにリーズナブルな価格帯の実現やどんな場所でも販売できるようにパッケージをスリム化し、その結果多くのお客様に製品を使っていただくことに成功しました。たくさんのお客様の声を聞くことでサービスの向上と新しいサービスの開発に力を注いでいます。

03

販売チャネル

Sales Channels

様々な販路を活用した販売戦略

ソースネクストでは自社製品の販売先として家電量販店、スマートフォン通信事業者、自社サイト・オンラインショップといった様々な販売経路を持っています。ソースネクスト製品をご購入になり、ユーザー登録いただいているお客様は、のべ1700万人を超えています。 ご登録ユーザー様との末長いおつきあいを目指して、弊社ではサービスの向上と新しいサービスの開発に力を注いでいます。