全部、デザインできる。

製品パッケージからweb、UI、POP、CIまでのトータルデザイン。
やりたいと言えば、それを止める者はいない。

少ない人数で、大きな貢献

社員数が7人の設立当初から、ブランディング&クリエイティブ部門を設置。
その理由は、デザインで売れる、売れないが決まるから。
設立時からデザインを経営上重要な戦略ととらえ、その充実に注力してきました。

パッケージ

次々にデザインチェンジ

変化が激しいソフトウェアの業界。市場や競合に合わせて、次々にデザインチェンジしてきました。

後発で第1位

後発メーカーの参入が難しいパッケージ市場で、発売早々1位を記録した、ウェディング用フォトムービー。

世界初

Dropboxを世界初のパッケージ化。海外の有名な製品を、日本人向けに分かりやすくパッケージ化しました。

誰に、何を、どう言うか?

製品の魅力をどう伝えるか?
それを考えるのも仕事のうちです。
ただ、もらった情報をレイアウトする
だけではないところが、面白いです。

榎本 亮祐 入社8年目

WEB

デザインもトーンも多種多様

企業ページ、製品ページ、サポートページ、さらにソフトやアプリの中で表示するページまで。多種多様なページを作っています。

ショップ機能のあるメーカーサイト

その場では買えないメーカーサイトが多いなか、当社は販売も行なっています。ページの改善結果が如実に売上データに現れます。

会社の売上の半分を担う部署

ネットでの購入が普及してきた事もあり、現在当社の売上の半分はwebでの購入が担っています。

「スピード」にこだわっています

ページの閲覧数や購入数などが、1時間毎に自動配信メールで届きます。
成功した時はもちろん嬉しいですし、改善が必要な場合もすぐ分かります。
リリース後数時間でページを改善し、数字を伸ばしたり。
ゲームのような感覚で、スピーディーに動く、をとても大事にしています。

安村 深雪 入社10年目

UI (ユーザーインターフェイス)

アプリのアイコンは、販売の要

製品の特徴を、魅力的に1つのビジュアルに集約させることが、アイコン制作の醍醐味です。

UIは、わかりやすさが命

インターフェイスは、お客様が直接触れるもの。やりたい操作がすぐ出来る。それがデザインの使命です。

最先端を追求

技術の進歩やトレンドの変化に対応するため、私たちの知識やスキルも常にアップデートしています。

製品を作る、喜び。

アイコンや、UI のデザインは、
製品そのものの価値を大きく左右する仕事。
何百万もの人が使う製品もあるので、
とてもやりがいを感じています。 

生駒 知也 入社11年目

POP(販促)

売り場もデザイン

良い製品、良いパッケージ、良い売り場。三拍子揃わなきゃ売れない、だからソースネクストは全部やります。

大から小まで

小さなPOPから、エスカレータの壁面装飾まで、自社でデザイン。店内で流す動画広告も作っています。

お客様に響く表現を追求

キャッチコピー、色、文字サイズなど、セールス部門とも連携しながら、日々最良の表現を追求しています。

質と量の両立。

店頭の状況に合わせた効果的な販促物を、素早く作
ることをいつも意識しています。セールスの担当者に
「早い!」「良いPOPだね!」と言われた時は嬉しく、
日々のモチベーションアップに繋がっています。

服部 貴史 入社5年目

ブランド・CI

会社そのものをデザインする

ソースネクスト株式会社の「志」=「最高戦略」は、当社が存続する限り、全員で追求する決心覚悟付きの目標である。最高戦略は不変であり、すべてをここから考えることがソースネクストのCIであり、ブランディングである。(ソースネクストCIガイドより)

本来、1円でも高く売れるようにするのがブランディングである。
しかし、ソースネクストは高品質な製品を革新的に安く販売するのが信条のブランドである。
製品の品質の高さと価格の安さ、そのギャップが大きいほど
ソースネクストのブランド価値は高くなる。
そこで重要なことは、表現における安っぽさの排除である。
安いことと安っぽいことはまったく異なる概念だが、
現場ではこの2つがしばしば混同される。
この違いを正しく区別し、効果が最大となるように表現できる力が
ソースネクストのクリエイターには求められる。
凄いブランドに飛躍するか、安売りブランドに堕するかは、
クリエイターに委ねられていると言ってよい。
それに対する誇りと情熱こそが、私たちを突き動かすエナジーである。

森本 清明 常務執行役員

こんな会社

新人のアイデアでも

良いアイデアは、新人、ベテラン関係なく採用されます。アイデアを、毎日の日報で提案できる制度があり、部署の枠を超えた自由な提案ができます。

実力を
伸ばせる環境

社内コンペも頻繁に行ない、互いに刺激しあえる環境で日々切磋琢磨しています。

女性も働きやすい

育児休業の取得率は100%。女性の管理職も多く、子育てをしながら無理なく働けるよう、サポート体制を構築しています。

募集要項・応募方法