沿革

2015年

2月

ウイルスセキュリティの愛用者数が920万人を突破。

2014年

1月

2013年パソコンソフト年間販売本数シェア第1位を獲得※

2013年

5月

ソースネクストが全ソフトタイトルを提供するパソコンソフト使い放題サービスを、東日本電信電話株式会社が「パソコンソフト使い放題on フレッツ」として採用。

英語学習ソフト「リーダーズ・ダイジェストEnglish20」のプログラム著作権及び商標権を取得。

株式会社NTTドコモが提供する「スゴ得コンテンツ」にアプリの提供を開始。

2012年

9月

米国に子会社SOURCENEXT Inc.を設立。

3月

KDDI株式会社が提供するAndroid™スマートフォン向けサービス「auスマートパス」にアプリの提供を開始。

1月

「ウイルスセキュリティZERO 1,980円」が2011年年間PCセキュリティソフト製品別販売本数シェア第1位を獲得。

2011年

12月

BitDefender社のエンジンを用いた、更新料0円のセキュリティ対策ソフト「スーパーセキュリティZERO」を発売。

iPad版超字幕を発売。

9月

Android用アプリケーションの開発・販売事業を開始し、「Android厳選アプリ」シリーズを発売。

BitDefender社とAndroid OS用セキュリティ対策製品を発売するための業務提携を発表。

7月

iPhone版超字幕を発売。

1月

登録ユーザー数が1,000万人を突破。

iTunes Rewind 2010 トップセールスにおいて、iPhoneアプリケーション「超名刺 Business Card Manager」(ビジネスカテゴリ)および「超字幕どこでも単語」(教育カテゴリ)が年間ベスト10アプリケーションに選出。

2010年

9月

「超字幕」シリーズの知的所有権の取得、譲渡、使用許諾、販売および管理業を行なう子会社、超字幕株式会社を設立。

8月

名刺管理iPhoneアプリケーション「超名刺 Business Card Manager」を発売。

6月

クラウド型のweb アプリケーション「Evernote」を提供する、エバーノート社との業務提携。

4月

イメージキャラクターにベッキーさんを起用。

iPhoneアプリケーション事業に参入。

3月

新スローガン「ソフトでワクワク」を発表。

2009年

11月

本社を東京都港区虎ノ門3丁目8番21号に移転。

6月

ハリウッド映画を丸ごと1本収録した英語学習ソフト「超字幕」シリーズを発売。

5月

パラマウント デジタル エンターテイメント(5月)、ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社(6月)、Discovery Asia Inc.(8月)、NBC Universal International Television Distribution(2011年6月)との「超字幕」シリーズの企画開発における業務提携を発表。

2008年

9月

パソコンソフトをCD-ROM に代えてUSBメモリに収録した、「Uメモ」シリーズを発売。

6月

東京証券取引所 市場第一部に株式上場。

2007年

11月

CD・DVDライティングソフト「B's Recorder GOLD」シリーズのプログラム著作権および商標権を取得。

3月

ハガキ作成ソフト「筆王」のプログラム著作権および商標権を取得。

2006年

12月

東京証券取引所 マザーズ市場に株式上場。

「ウイルスセキュリティZERO」がSMBCコンサルティングの「2006年ヒット商品番付」で前頭6枚目に選出。

11月

「ウイルスセキュリティZERO」が日経トレンディ「2006年ヒット商品ベスト30」の第16位に選出。

7月

年間更新料0円のセキュリティソフト「ウイルスセキュリティZERO」を発売。

2004年

12月

株式会社コーエーとの業務提携を開始。

11月

開けばわかる「説明扉付き新パッケージ版」を販売開始。

7月

「ソフトは文具」をスローガンに法人向けライセンス市場に本格参入。

2月

「ソフト◎プライス1980円」が2003年日経優秀製品・サービス賞「優秀賞」「日経MJ賞」を受賞。

2003年

11月

1,980円の総合セキュリティ対策ソフト「ウイルスセキュリティ2004」を発売。

9月

本社を東京都港区六本木六丁目10番1号に移転。

4月

従来の紙パッケージと比べて体積が1/5となる「スリムパッケージ版」を販売開始。

3月

1,980円で簡単にPDFファイルが作れるソフト「いきなりPDF」を発売。

初心者でも簡単にソフトのインストールができる「自動インストール機能」の搭載開始。

2月

主力製品を1,980円を中心とした価格帯で販売する「コモディティ化戦略」を発表。

2001年

2月

インストールして動作しない場合に返品できる、業界初の返品制度「安心サービス」を開始。

2000年

11月

「特打」「驚速」などのテレビCM「ムエタイ編」が「第40回 ACC CM FESTIVAL」で銀賞を受賞。

6月

インターネットによる通信販売事業に進出。

3月

業界初の「マイレージサービス」を開始。

1999年

10月

株式会社ソースからソースネクスト株式会社へ社名変更。

1998年

12月

携帯電話データ編集ソフト「携快電話」を発売。

1997年

6月

タイピングソフト「特打」を発売。

1996年

12月

ハードディスクの加速ユーティリティソフト「驚速95」を発売。

8月

アプリケーションソフトの企画、開発および販売を目的として、株式会社ソースを設立。

※GfK Japan調べ、全国有力家電量販店の販売実績の集計結果に基づく